スパイスの効果サンプルページ

スパイスは料理に辛味をつけたり、臭いを消したり、食べ物に色をつける食品です。

このスパイスについて、実は体に良いことが最近の研究で色々ととわかってきています。

その健康のために良いといわれる効果とは一つ目に、食欲を高めて消化吸収を助ける働きがあるということです。

胃腸の働きを活発にするスパイスや食欲がないときに効果的なスパイスの使い方もあります。

また、スパイスは冷えを防止する働きもあります。交感神経機能を高めてエネルギーの消費量、熱生産を上げる働きがあるのです。

スパイスは生活習慣病の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化物質を多く含んでいるために

血管などの老化に対しての予防をする作用も認められています。

さらに、スパイスによる香りつけを強調することで料理の際に加える塩などの塩分を控えめにすることができる、

つまり減塩や減カロリーな食事にすることが可能な食品であるということです。

このようにスパイスには様々な効果が認められるのですが、日本人には昔からスパイスと言うのは元々馴染みがありません。

スパイスの利用の仕方をもっと理解すればより健康な生活が望めるかもしれません。