アニスシード

アニスシードはエジプトやギリシャなどが原産のほのかな甘い香りが特徴のセリ科の多年草アニスの種子となります。

食用部分は主に種の部分でそのまま食べることとなります。

生の葉も香りがよく、ハーブとしてサラダなどに用いられます。

アニスシードは芳香の良さが特徴で主にケーキやビスケットなどの焼き菓子の風味付け、

リキュールの香り付け、カレーやチャウダーなどの料理にも利用されることが多いようです。

また、アニスシードの精油はアロマになどでも使用されることで有名です。

煮出した駅は防虫用として使用されることもあるようです。

最近では大手の食品メーカなどがスパイス一つとして販売しておりスーパーなどで手軽に手に入れることも可能となっています。

アニスシードの効用としては消化促進の作用があり、胃腸の働きを促進します。

軽い咳、去痰などにも効き目があるとされています。

弛緩作用があり気管支系の疾患を鎮める作用も知られています。

また、生理不順や更年期障害にも効果が認められています。古代ギリシャでは母乳の分泌を促進する効果もあるとされていました。

ordPress へようこそ。これは最初の投稿です。

編集もしくは削除してブログを始めてください !

Comments are closed.