グリーンペッパー

グリーンペッパーはこしょうの未熟な青い実のことを言います。

原産地はインドとなります。乾燥装置で比較的低温で短時間で強制的に乾燥をさせたものとなります。

ピペリン という化学物質がこしょうに独特の風味を与えて魅力的なスパイスとなっています。

水煮や冷凍乾燥品などのスパイスとして使われることが多く、塩漬けしたものもあります。

グリーンペッパーは爽やかな特徴のある辛みがあり、その辛味の成分には食欲増進の作用があることで知られており、

ペッパーステーキの下味付けとして使用したり、肉類の炒め物、ソースやマリネ、ドレシングやサラダなどの料理に使われます。

タイ料理などでは香辛料としてではなく、実を炒めて食べる食材として利用しています。

収穫のタイミングや製法の違いから、同じこしょうが原料でも他にブラックペッパーやホワイトペッパー、ピンクペッパーなどが存在します。

また、英語ではグリーンペッパーはピーマンを指す場合もあるので頭に入れておくべきでしょう。

グリーンペッパーを含めたこしょうの作用には、抗菌、防腐、防虫作用があることが知られています。

Comments are closed.