キャラウェイシード

キャラウェイはセリ科の植物で背丈は30~60センチにもなります。

原産地は西アジアとなります。その若葉はニンジンの葉に似ていて、生食することも可能です。

スパイスとしてはこのキャラウェイの果実を利用しており、果実をキャラウェイシードと呼びます。

キャラウェイシードの歴史は古く紀元前1000年以上も前から利用されていたと言われています。

キャラウェイシードは爽やかな香りがし、穏やかな甘さとほろ苦さを感じる味となっています。

キャラウェイシードはそのまま食べることも出来るほか、パンやケーキビスケット、卵量料理やチーズ、キャベツ料理に用いられることが多く、

カレーなどでは欠かせないスパイスの一つともなっています。

キャラウェイシードの作用としては消化促進や母乳の出を良くしたりする他、

キャラウェイシードの精油は口内清涼剤やうがい薬として使われることもあります。

また、ヨーロッパではキャラウェイシードは人や物をひきつける力があるという言い伝えがあり、

大切な物にキャラウェイシードを入れておくと盗まれないと言われているそうです。

Comments are closed.