ナツメグ

ナツメグはいわゆる4大香辛料の一つです。

ナツメグの木の種子の中にある仁を取り出したものが通常目にすることができるスパイスとしてのナツメグです。

ナツメグは食用としては甘く東洋的な香りとまろやかなにがさが特徴です。

焼肉、ハンバーグ、ミートローフなどの肉料理との相性がよく、クッキーやドーナッツなどにも使用されることがよくあります。

また、薬としても東洋では昔から珍重されており、頭痛薬や媚薬、胃薬、下痢止め、食欲促進、吐き気防止などとしても広くその効用が知られています。

外用薬としてもインドなどではナツメグの粉末を練ったものが湿疹などへの対処として使われています。

ただし、ナツメグには気をつけなくてはいけないことがあります。

それは、ナツメグを大量に摂取すると強力な幻覚作用や興奮作用を示すことがあり有毒となってしまうことです。

1日の摂取量は3g以下にとどめることが重要です。

精油などで飲用するときは必ず専門家の指示に従うことが肝要です。

もちろん、通常の料理に入れる程度の量であればまったく問題はなく、逆に健康にも良い食品ですので安心して摂ることが可能です。

Comments are closed.